グチ言う三 川口支部

2001年05月版 その3


愚痴目次 / 掲示板 / ヘルプ / 表紙に戻る

[前日へ続く]

2001/05/21 (月)

メモ

Internetサーバ管理の覚え書き

Linuxインストール

DOS パーティションからのインストールは厳しいですか
PCMCIA の LAN カードは corega の EtherII PCC-T を使ってるのでみんさんのと同じだと思うんですが、これが正しく認識されないんですよね...

やっぱり最初にこういう環境にインストールするのは無謀な気がしてきた。(^^;
先にまともなデスクトップ機に Linux 環境を作っておいた方が良いかな。

FDISK の問題も、Linux 版 FDISK を使えばより細かくパーティションを制御できるらしいので何とかなりそうだし。


2001/05/22 (火)

C++

コピーコンストラクター・代入演算子はやっかいなので私は使わないようにしてます。
私の中では例外と並んで「危険だから使うな」認定の機能です。
これらを使う必要が無いクラスしか作ったことはないですね。

それ以前に、私は「リファレンス型」からしてほとんど使ったことがない。
間接参照するときは素直にポインター使ったほうが、何をやってるかわかりやすくて好きですね...

リファレンス型を使うことがあるのは、マクロをインライン関数で置き換えるときくらいですか。
そもそもリファレンス型自体が間接参照のマクロのようなものだし。

fips

休眠中のデスクトップマシン(R32GT-R) に Linux を入れることにする。

せっかく Win98SE が入っているのでこれはそのまま残して、fips でパーティションを分けて Linux を入れることに。
重要なデータは残っていないので万が一のことがあっても影響無いし。

まずは Win98SE の不要なアプリをアンインストールしまくる。
かなりすっきりした。(^^;
取っておく必要の無いデータも削除。
これで空き領域は 7GB 以上になった。

次に SCANDISK でクラスタースキャン。うっ、無茶苦茶時間がかかるぞ。いいや途中で止めちゃえ。(爆)
そのあとデフラグをかけて準備完了。

fips 起動用の FD から再起動。
...おっと、このマシンは OnTrack で大容量 HDD を認識させているから FD をセットするタイミングが難しいんだった。

fips を起動してパーティション分割... できない(;_;)
何だか DOS フォーマットじゃないとか言われるんですが。
あぅ、もしかして OnTrack な HDD は駄目なんでしょーか。

fips のドキュメントを漁ってみると... ありましたね、special.doc に OnTrack で使うための記述が。
しかしながら、もう眠いので今日はここで中断。

う〜ん、Linux の壁は厚いのう...


2001/05/23 (水)

しんくろ

粟田さん初めまして〜。
SW20 はいいですよね、MML もいいっすよね。(謎)

えと、私の打ち込み作品はこっちのサイトに置いてますのでよろしかったらどうぞ。(私信)


2001/05/24 (木)

ウツダ

お昼にコンビニで買った惣菜を食べたら妙にすっぱい。
よく見たら賞味期限を二日過ぎていた。鬱だ。


2001/05/25 (金)

Game Music

アサルトのBGM1。あのリストを打ち込んでアレの使い方を覚えましたよ、ええ。(謎)

ちなみにこの曲も「原曲を知らないゲームミュージック」の一つだったり。(^^;

わりと順調に上がっていた @HZ株(ぉ (7004) が急に下がってしまった。
3月期決算の内容が悪かったのが原因らしい。

というか、3月期決算の発表って今の時期にあるのね。一つ利口になりました。


2001/05/26 (土)

GALAXY FORCE II

触発されて、昨晩は久々にサターンで GALAXY FORCE II をプレイしてみたり。
う〜ん、むずいのう...

そういやこれってミュージックモードで曲名出てこないから、どれが何ていう曲なのかわからないんだよね...
「DEFEAT」と「TRY-Z」はどの曲か知ってるけど。

「TRY-Z」を脳内再生しようとすると GENOCIDE の「opening 2」になってしまうのは私だけでしょうか...(笑)

fips と OnTrack と Linux

fips のドキュメントを読んでみた。
OnTrack に関して何やらごちゃごちゃと書かれているが、結論から言うと、OnTrack な DOS パーティションから Linux パーティションを切り出すことは出来ないらしい。

ダメじゃん。

で、そのドキュメントをさらに読むと、Linux は OnTrack を使わなくても大容量 HDD を使用可能らしい。
どうやら OnTrack というものは DOS/Windows でのみ必要なもののようだ。

というわけで、結局 Win98SE は残さずに HDD 全体を Linux パーティションにしてしまうしかないようだ。

Linuxインストール

Win98 を削除してしまう前に、最後のお勤めとしてシステムリソースレポートを印刷させる。
これでハードウェア関連のトラブルがあっても安心だ。

ようやく Linux のインストール開始。
このマシンは CD-ROM から起動できないので FD から起動。

何だか CD-ROM ドライブのアクセスが異様に遅い。
GUI インストーラーの最初の画面が出るまでに 5分くらい待たされた。
しかも次の画面に進むたびにまた CD-ROM を読みに行って 30秒くらい待たされる。

これじゃやってられないので再起動して text モードのインストーラーを使うことに。
やはりインストーラーが立ち上がるまでに 5分くらいかかった。
しかも言語の選択で日本語にすると文字化けして日本語が表示されない。
仕方ないので英語モードで進めることに。

進めていったら、なぜか手動パーティション設定画面になってしまった。
Linux 初心者の私に自分でパーティション切れとおっしゃいますか。(^^;

swap 以外をすべて / にマウント使用とすると容量が大きすぎると言われてしまう。
う〜ん、以前に FreeBSD をインストールしたときのかすかな記憶では / と /usr あたりでパーティションが分けられていたっけ...??

結局以下のようにパーティションを切ったら先に進めた。
ほんとにこれで良いのかはかなり疑問だが。(^^;

/hda13200MB
/usrhda59005MB
(swap)hda6517MB

その後は特にトラブルもなく進む。
CD-ROM のアクセスが遅いためパッケージのインストールには少々時間がかかったが。

再起動してみると、めでたく X が立ち上がった。
いやーここまで長かったなぁ...


2001/05/29 (火)

本日のトレード

FDK株 (6955) を 200株、@¥820 で売り逃げ。
手数料込みで¥25,800 の損。

ちなみに売却損が出るときは税金は申告分離にするのが基本。
申告分離課税は「利益」に対してかかるものなので、利益がマイナスなら当然税金は¥0。


[後日へ続く]

愚痴目次 / 掲示板 / ヘルプ / 表紙に戻る

この日記は、GNS を使用して作成されています。
Written by メモル
Copyright © by Takanori YOSHIMURA