グチ言う三 川口支部

2000年12月版 その2


愚痴目次 / 掲示板 / ヘルプ / 表紙に戻る

[前日へ続く]

2000/12/13 (水)

ウィルス入りメール(速報)

今朝、スペイン語(?)の奇妙なメールが来たので開こうとしたら、Norton AntiVirus がウィルスを検出してくれました。

ヘッダ(の一部)と本文は以下のとおり。


Received: from sorrow ([200.28.181.192]) by mail.geocities.co.jp (1.3G-GeocitiesJ-3.3) with SMTP id JAA19979 for <tak-y@geocities.co.jp>; Wed, 13 Dec 2000 09:32:00 +0900 (JST)
Date: Wed, 13 Dec 2000 09:32:00 +0900 (JST)
Message-Id: <200012130032.JAA19979@mail.geocities.co.jp>
From: Hahaha <hahaha@sexyfun.net>
Subject: Enanito si, pero con que pedazo!
MIME-Version: 1.0
Content-Type: multipart/mixed; boundary="--VE0PYZ8HURKPQNWLIFGD638PINS5U3"
X-UIDL: 5a7c7ab0311f01ab1ab783f7ee27f05e
--------
----VE0PYZ8HURKPQNWLIFGD638PINS5U3
Content-Type: text/plain; charset="us-ascii"

Faltaba apenas un dia para su aniversario de de 18 a髀s. Blanca de Nieve fuera
siempre muy bien cuidada por los enanitos. Ellos le prometieron una *grande*
sorpresa para su fiesta de complea髀s. Al entardecer, llegaron. Tenian un brillo
incomun en los ojos...


----VE0PYZ8HURKPQNWLIFGD638PINS5U3
Content-Type: application/octet-stream; name="enano.exe"
Content-Transfer-Encoding: base64
Content-Disposition: attachment; filename="enano.exe"

(以下添付データ)

添付ファイルが exe なのであからさまに怪しいのだけどね。

うっ... 引用中の「<」「>」がそのままだった。修正。

はかまっ!?

是非とも実現させましょう。資金なら私も協力しますから。(←)


2000/12/15 (金)

メモ

Hubi's Midi LoopBack
Windows 用仮想 MIDI ポートドライバーらしい。げっちゅ。

アメリカ大統領選挙

そういや、ようやくゴア氏が負けを認めて決着が着いたらしいね。
今世紀最後を締めくくるネタだったな。


2000/12/16 (土)

今世紀最後の肉体会

肉体会初参加。初めましての人は初めまして。
名刺を持っていくのを忘れて、一枚だけのニセ名刺を回覧することになってしまった。

それほど広くない店のスペースの半分を我々が占拠してしまった。
次は貸切ですか? (汗)

太田さんがフライングゲットした QY-100 のサウンドを聴かせてもらったり、カロリーメイト追加補充だったり、共用体うにょんだったり、ヤバいビデオだったり、太田胃散(分包)の袋から何故か低い話になったり、EXEてらぴーの勝利条件を教えてもらったり。

謎メモ。ISBN4-88317-798-X


2000/12/17 (日)

ヤマダ電機

この前ヤマダ電機がついに川口にもオープンしたらしい。
特に買いたいものも無いけどとりあえず様子見に行ってみた。

ぐはっ、この場所ってコジマ(ヤマダ電機の最大のライバル店)から同じ通りで 100m くらいしか離れてないじゃん。
ほとんど嫌がらせだな。(苦笑)

Princo の CD-R が 10枚 ¥480 だったので購入。


2000/12/19 (火)

悪魔

ニセで、テスト用 web サーバーの構築を命じられたので、せっかくだから FreeBSD でも入れてみることにした。

とりあえず社内に FreeBSD4.1 の CD があったので、UNIX USER のバックナンバーを参考にしながらインストールしてみる。
実は PC-UNIX のインストールはこれが初めてなんだよね。
今まで使っていた RedHat Linux マシンは他の人がインストールしたやつだし。

ターゲットマシンは MMX Pentium200 の FMV。
まずは CD-ROM から起動しようとしてみるものの、なぜか起動に失敗している。
仕方ないのでブートフロッピーを作成。これでようやくインストーラーが立ち上がった。

ふーむ、このインストーラーはなかなか説明が丁寧ですな。全部英語だけど。
しかしながら、UI はちょっと解りづらい部分があるなぁ。
特にインストールオプション選択のところで、全部設定し終わったら Exit を選択するというのがわからずちょっとはまった。
(Returning to previous) なんて書いてあるからまぎらわしい。

で、オプション設定が終わっていよいよ CD からインストール開始、というところで、ドライブに CD を入れ忘れていたことに気づく。
画面には「旦那、これは FreeBSD の CD じゃありませんぜ」とかいうダイアログが出ている。
ここで CD をセットして、ダイアログの「OK」を選択した... のが間違いだった。
CD を読みに行かず、エラーを吐きまくってインストール失敗。(;_;)

気を取り直してもう一度はじめから。今度は忘れず CD をセットする。
今度はうまく行ったようだ。

引き続いて packages のインストール。とりあえず Apache と Lynx を入れておく。

その後ネットワークの設定等を経て、ようやく FreeBSD のインストール完了。
最初はてこずったが、それを越えると思ったよりスムーズにインストールが進んだものだ。

勝手に余計なソフトは入らないし、設定も何をやっているか比較的わかりやすいし、なるほどこれはサーバーに使うには便利な OS だ。

が、標準状態ではあまりにも何も入っていなさ過ぎる気もする。(^^;
mule が無いのはちょっと不便だった。
というか日本語というものを全く見かけないんですが。
(ちなみに X は入れてません。)

とりあえず今のところはサーバー以外に使う気にならないなぁ...


2000/12/20 (水)

ぐるぐる

αの DC版は... ゲフンゲフン。(←?)

うちの Thunder Force V はすっかり音楽 CD になってしまってます。(爆)
サターンよりも CD プレーヤーで再生されることの方が多という。

ゲーム自体は、自機に変なものがくっついてごっつくなる面(何面だっけ?)のボスまでしか行った事がない...
あそこのボスの曲はかなりお気に入りです。


[後日へ続く]

愚痴目次 / 掲示板 / ヘルプ / 表紙に戻る

この日記は、GNS を使用して作成されています。
Written by メモル
Copyright © by Takanori YOSHIMURA